健康寿命注意危険なエサ食事で猫の寿命が!
実は危険な選び方
長く一緒にいるためにはこちら

安全性危険度大丈夫?食事で猫の寿命が!
実は危険な選び方
長く一緒にいるためにはこちら

アイムス猫評判 危険はないか研究評価

キャットフード研究家Yuki
こんにちは。キャットフード研究しているYukiです。どれでもいいと思っていませんか?名前も知らないキャットフード実は大変なこともあるんです
愛猫家高級好き
安くておいしい。でも体には本当に良いのでしょうか?昔の常識は今通用しなくなってますね
猫のエサマニアYuki
怖いですね。病気のリスクがあると、獣医師さんに脅された気分です。では何が猫に良くて悪いのか?ここでじっくりと考えてみませんか?

 

キャットフード比較

アイムス
アイムス猫用
総合評価 総合評価総合評価総合評価
価格   価格比較価格比較価格比較価格比較
おいしさ 猫評価猫評価猫評価
たんぱく たんぱく元たんぱく元たんぱく元
タンパク質 28.8~32.0%
アイムスキャットフードはドライフード専門。標準的な価格の輸入ペットフードです。ビートパルプという、便を固くしたりかさ増しする食材を使っています。オリゴ糖や豊富なビタミン・ミネラル類があります。残念なのはとりすぎると危険というBHA、BHTという保存料を使っていること。機能性食品ですが健康効果は確実ではありません
価格は2019年時点
価格の目安

◆ドライフード
1.5kg 800~1,500円

◆プロアクティブヘルス(英語)
9.98kg 6,500~8,000円

1g 0.5~1円
※価格はショップにより違います

飼い主のよくある疑問

女性飼い主他と比較して
どこがいいの?

激安もあってコスパは良い

軟便下痢がちな猫におすすめ

手に入りやすいリーズナブルさ

メーカーはどこ?
1946年にポール・F・アイムスがはじめました。他とは違ったキャットフードで、ビートパルプを使っていました。現在日本ではマースジャパンが販売代行しています。原産地はオーストラリアなどです。

 

総合栄養食 ドライ
インドアキャット肉ミール類、とうもろこし、大麦、油脂類、ビートパルプ、オリゴ糖、ユッカ、ビタミン類、ミネラル類、アミノ酸類、酸化防止剤、BHA、BHT
⇒チキン、かつお、まぐろ、サーモン等。とりすぎてはいけない添加物入
体重管理用肉ミール類、雑穀類、油脂類、ビートパルプ、緑イ貝、ユッカ、ビタミン類、ミネラル類、アミノ酸類、酸化防止剤、BHA、BHT
⇒低脂肪タイプ。ただ他社比較するとカロリーや脂肪は高い。
毛玉ケア肉ミール類、雑穀類、油脂類、ビートパルプ、ユッカ、ビタミン類、ミネラル類、アミノ酸類、酸化防止剤、BHA、BHT
⇒天然由来の食物繊維を増やす。繊維質そのものは多くはない。スリッパリーエルム、サイリウム
下部尿路肉ミール類、雑穀類、大麦、油脂類、ビートパルプ、ユッカ、ビタミン類、ミネラル類、アミノ酸類、酸化防止剤、BHA、BHT
⇒ミネラルやマグネシウム量を調整してFLUTHに配慮。マグネシウム量はまだ多い
避妊去勢後とうもろこし類、肉ミール類、油脂類、ビートパルプ、ユッカ、ビタミン類、ミネラル類、アミノ酸類、酸化防止剤、BHA、BHT
⇒脂質を大幅に減らして体重管理。雑穀の糖質類は増えて太ることも
総合栄養食 海外版
プロアクティブ
ヘルス
チキン、肉ミール、コーン、ビートパルプ、ビール酵母、ビタミン類、ミネラル類
⇒北米オリジナル非正規の並行輸入品。オメガ-3脂肪酸、L-カルニチンなどで先を見越した予防

 

安心キャットフード比較
比較表
猫高級エサ比較
キャットフード選び方
おいしいキャットフードモグニャン
カナガンパッケージ画像
ピュリナワン機能性ペットフード
高級食いつき
バランス良好
安心感の品質
徹底した
肉のこだわり
高い安全管理
モンプチのピュリナ
うれしい特典
機能性症状別
単品買いOK
割引もあり
定期コースがお得

 

体験者の感想

ネコごはん比較悪い安全

 

アイムス猫用ツイッター飼い主の感想

キャットフード体験談評判評価

※掲示板などから抜粋
猫エサ口コミ女性食いつき感はいいですね。療法食とかは食べないこともあるので。ムラ食いでしょうか


猫の食事評判男性アイムスでも食べあきるので、トリーツとか猫草とかいろいろ食べさせてる。輸入高級品もすごい


猫エサ口コミ女性健康へも配慮されてるのがいいですね。激安ではないけど割安で。でも添加物が・・・


猫の食事評判男性添加物って悪いのか?とりすぎなければOKと言っても心理的には悪いよね


猫エサ口コミ女性ロイヤルカナンとかヒルズよりは食べます。ダイエットできてません。減量するなら食事制限でしょうか


猫の食事評判男性ウチのは高齢で病院行ってます。療法食の効果に疑問があったので、普通のやナチュラルフードとか食べさせてます


猫エサ口コミ女性10歳ごろ?元気なくて食欲落ちてきてます。食事を変えたりウェットの猫缶とかオヤツとか。アイムスはカリカリだけですね

 

良いところ

良いところ価格と栄養
バランスは良好

格安トップレベルはいくらでしょう?カルカンやキャラットが激安価格です。アイムスは価格では最安ではありませんが、健康への配慮がされているのが良いところです。ただ、減量サポートなのに脂肪や糖質が多かったり・・・。完璧ではないのが残念です。ダイエットするならカロリーや脂肪だけでなく炭水化物類も減らさないといけません。


良いところ便への配慮
ウンチのニオイや内容

「ウンチがくさすぎる!」。猫の胃腸は実はデリケート。生まれつき胃腸が悪い猫ちゃんもいますアイムスはユッカという便のニオイへ配慮された素材が使われています。食物繊維が含まれていて、毛玉ケアと便の状態を整える。もちろん繊維質が多すぎるとかえって便秘や下痢したりするので要注意です。


良いところ栄養成分の調整
病気や病状に合わせる

尿石が気になる飼い主の方へ。アイムスはマグネシウム量を調整しているので、動物病院でストルバイト結石などと言われた人向け。ビタミン類やミネラル類ではさまざまな効果があるとされています。必須脂肪酸と言われる、オメガ6脂肪酸などを含んでいます。ただ「~向け」という健康効果は確実ではないのです。やせないのは糖質かも?アレルギーの疑いは?気になる人ならもっと調べて食事に気を使ってあげましょう。

獣医師より

獣医師参考情報獣医学も変わってきています。ダイエットなら脂肪だけでなく糖質なのです

悪いところ

評価悪いとりすぎ危険な添加物
農林水産省指定

農林水産省資料添加物

アイムスはBHA、BHTが入っています。これはとりすぎてしまうと命にも関わる重大事件。もちろん基準値は守っているでしょう。ただ毎食食べ続けるとリスクは高くなる。もともと体にいらないものを取り続けても良いことはないのです。毎食菓子パンやお菓子ばかり。やめたら急に体調が変わった!猫でもキャットフードを変えたことで体調が変わることもあります。


評価悪い糖質の炭水化物類
気にしてない

ダイエットなら低カロリー低脂肪?昔のヘルスケアは今変わってきているのです。痩せるにも炭水化物や糖質分を減らすこと。猫は血糖値が上がりやすいので糖尿病などのリスクも出てきます。アイムスの「インドアキャット」「体重管理用」では脂肪やカロリーを抑えただけ。猫には雑穀類の炭水化物はとりすぎてはいけないのです。炭水化物ゼロにしてはいけないので、適度な総合栄養食がおすすめです。


評価悪い情報がやや古い
カロリー脂肪だけ?

昔だったらねこまんまでも良かった。今は食物繊維やビタミン・ミネラル類も大事。アイムスは最新の情報ではなくなってきてます。健康のためには栄養成分の調整も必要。尿路ケアするにしても獣医師の指導が必要。健康な猫ちゃんだったら?もちろんどれでも食べてくれるでしょう。将来の病気リスクを減らすために、今できることをしてあげましょう。安いカリカリが大好きでも、食事管理してあげないといけないのです。

獣医師より

獣医師参考情報猫には肉タンパク質が適度に多く必要です。

安全性は?

危険安全ねこごはん

 

アイムスは北米のメーカー。日本でのキャットフード販売はオーストラリア産などになってます。安い北米のキャットフードは品質に疑問が残ります。

過去にドッグフードの安全管理問題が起きました。アメリカの食品では品質の確実な物を選ぶべきです。

内容成分ではどうでしょう?ビートパルプは安全なもので、安くするためにも使われます。食物繊維なので便の状態が悪い猫にはいいでしょう。

アイムスは炭水化物量が30~45%とやや高いです。シニア猫用になると低タンパク低脂肪になっています。これは腎臓などが悪くなるので、高タンパクだと負担がかかるからなのです。

このように症状に合わせたキャットフード選びが大切です。健康だったら、極端に言うとどんな種類でも健康です。そう思っていたら、ある日体調が悪くなるかも?

病気になると食事や健康管理が必要。手料理やヒトが食べるお菓子や食事などをあげてませんか?その中にも危険なものはあります。

 

愛猫家高級好き
病気になってないなら、アイムスでもモンプチでもどれでも良くないですか?みんなロイカナにしたらいいんでしょうか
キャットフード研究家Yuki
ロイヤルカナンは人気で有名ですよね。でも食べなかったり好き嫌いもでます。体に負担をかけない、余計なものをとりすぎないキャットフードがおすすめです
愛猫家高級好き
安全ではない添加物入は大丈夫でしょうか?心配です
キャットフード研究家Yuki
基準値以下ですから危険とは言えません。でもとらないほうがいいですよね。キャットフードはいらないものが多すぎるのが問題なんです。